臼井淳一 自主制作の音楽家

English Site

臼井淳一のプロフィール

このページをシェア

うすいの写真
うすいの写真 うすいの写真 うすいの写真 うすいの写真 うすいの写真

臼井 淳一(ウスイジュンイチ):略歴

1977年東京都出身・男性(射手座のA型)
パート:エレキギター、ヴァイオリン(フィドル)、ヴォーカル、笙

5歳よりクラシック・ヴァイオリンの教育を受けるが、15歳くらいに欧米由来のハードロックやオルタナティブ、グランジ・ロックに感化され、楽器をエレキギターに持ち替える。

しかし、18歳以降の学生時代は、西洋哲学、心理学、現代思想などの人文科学に傾倒、日本のサブカル系のマンガ・アニメも見まくったのもこの頃(押井守、士郎正宗、吾妻ひでお、丸尾末広、鶴田謙二、岡崎京子など)。

そんな紆余曲折を経つつ、21歳くらいより定期的な音楽活動を開始。まずは「ワタガシ重機」というバンドで活動するもすぐに霧散。以降は、ケルト~東欧~北欧およびクレズマーのフィドル音楽、ノイズ・ミュージック、即興音楽、映画音楽(多重録音)など、ジャンルとパートを問わず、幅広く活動。自主企画の音楽イベントも多く制作しており、出演者の相性をマッチさせたキャスティングは、その独創性と批評性を認められている。

近年は、北海道の民謡の正調・江差追分、および雅楽の笙に入門、古典的なスタイルでの日本の伝統音楽の演奏も実践し、江差追分では2012年6月に格付免許四級秀を取得した。日本の伝統芸能には大きな関心を持っており、民俗文化や神秘思想についても、多数のフィールドワークをおこなっている。

どーいう人なの?

好きなもの:
温泉、惰眠、旅行
短所:
理屈っぽい、すぐムキになる
長所:
論理的、感情的(←同じじゃん)
尊敬する作家:
太宰治、吾妻ひでお、岡崎京子、高田純次
師事:
宮脇俊郎氏(ギター演奏、ポピュラー音楽理論)、松長辰雄氏(正調江差追分)
教えを乞うた方々:
高橋直子氏(クラシック・ヴァイオリン)、Jim Ediger氏(アイリッシュ・フィドル)、Pat O'Connor氏(アイリッシュ・フィドル)、菊地成孔氏・大谷能生氏(東京大学ジャズ講義)、伊藤えり氏(雅楽・笙)、三浦礼美氏(雅楽・笙)、寺原太郎氏(インド音楽の初歩)、福岡誌二氏(大正ヴァイオリン演歌)
共演いただいた方々(順不同・敬称略):
内山有希夫, 藤川義明, 豊住芳三郎, 灰野敬二, 石川浩司, 桜井真樹子, 立岩潤三, テディ熊谷, Hiroshi HASEGAWA(ex C.C.C.C.), 大西健児(映画), ノブナガケン, AMNESIa-cHANNEL, Hiko(from GAUZE), 太田惠資, 加藤崇之, kiyasu, 吉本裕美子, 臼井康浩, 古谷暢康, 福成優, ヒロイ克典, 武田理沙, カイドーユタカ, 大沼志朗, 佐藤えりか, シマジマサヒコ, Jim Ediger(ジム・エディガー), 須郷史人, 多田葉子, 宅“Shoomy”朱美, 濁朗, 蜂谷真紀, 山下 渉, 笹井さん(ブルースギター, RIP)
臼井は思想的に次に共鳴しています
DAYS JAPAN
原子力資料情報室
はんげんぱつ新聞
Drum Channel. com

利用したオープンソース

このウェブサイト構築にあたって、次のプラグインを利用しました。制作者の方々に感謝と敬意を表します

jQuery
このウェブサイトの動的インターフェイスの殆どはjQueryに依っています
jQuery.columns
ページのカラム・レイアウトに使用。スマートデバイスにも最適化されます
bedrich
ヘッダのナビゲーションが、右からニョインと入るアニメーションはこちら
MDRollover
ナビゲーションで、マウスオーバーした文字のエフェクトはこちら
ClassyWiggle
ヘッダとフッタの文字が揺れるエフェクトはこちら
jquery.text-effects.js
各ページの見出しのアニメーションはこちら
忍者おまとめボタン
「シェアする」ボタンはこちら
imagecube
左下フッタで画像がクルクル入れ替わっているのはこちら
Yuga.js
ページ内でのスクロールをスムーズにします
STRATUS 2 BETA
下部にsoundcloudのウィジェットを表示します
zRSS Feeds Reader Plugin for jQuery
RSSを取り込んでhtmlに表示します
prettyPhoto
ライトボックスはこれを使用
fitvids
埋め込んでいる動画をページサイズに合わせて調整します
isotope
複数の要素をソートしたり選んだりできます。詳しくは見てみて!!
jquery.csv2table.js
csvデータをhtmlテーブルに変換してくれます
Mfaceメールフォーム
メールフォームはこちらを利用
EmailMeForm
英語版のメールフォームはこちらを利用

好きな本

好みのIT機器

よく訪れるサイト